エステサロン開業から1年で80%は潰れている!?

開店休業状態のお店を含めると90%位あるのでは?と言われています。

これからサロン開業を夢見ている人を前にそんな数字はショックかもしれませんが、

では残りの勝ちサロン20%になる方法があったら知りたいですよね!

(サロン経営を16年間継続してきた20%を勝ち取る実体験をレッスンではお伝えしています)

今となっては貴重な体験でしたが、

わたくし、この10数年間、数々の失敗をしてきました。

タイトルの題名の○○もしちゃって潰れそうになったこともありました。

勢いで開業してから

慌てて経営の勉強を始め、
あらゆるコンサルを受けまくり、

試行錯誤してきました。

気が付いたらお客様が安定するまでに10年はかかりました。

これからサロン開業を考えている皆さんに

わたしのように勢いでサロンを開業して、遠回りしたり

○○して

潰してしまう前にぜひお伝えしておきたいと思います。

エステサロンは60%以上が個人店というデータがあります。

法人の大型エステより、個人サロンの方が多いんですね。(正確な数字はサロンの実態が把握できていないようですが・・・)

個人店が多いということは、オーナーが施術者であるパターンがほとんどだと思います。

おそらく、施術をしながら、

会計のこと

広告のこと、

お客様のリピート施策、

アフターフォロー等

スタッフを雇っていたら、

スタッフ教育や管理など・・

仕事は山ほど、きっと十分に手が回らずに、

毎月稼げないと悩んでいるサロンが多いようです。

個人サロンは得られる情報が少ないので、ひとりで悩んでしまうパターン

毎月の固定費や消耗品の支払をしたら、

手元にほとんど残らないようなお店では、

何の為に自分のお店を持ったのか分からなくなりますよね。

私が自宅サロンから、調子にのって(笑)テナント店舗を借りたときは

2年間も!孤独に自転車操業してました。

潰れていてもおかしくない状態でしたが、

グルーポン等の

激安のクーポンサイトが流行りだし、

安売りをしてクーポンを出したら

ネット予約がない時代だったので

電話での予約がジャンジャン鳴る

電話対応と、サロン施術と平行して

完全にパンク状態に。

予約はパンパン、

忙しいのに利益が残らないという

今思えば、最悪のパターンをやってしまいました。

すぐにクーポンを終了して
メニュー内容も変更して
店名もリニューアルしなんとか続けてきましたが・・・

身をもって体験した失敗

ひとりオーナーサロン様は絶対に

やってはいけないのがコレ。

タイトルの○○は「安売り」という事です

次回はこの続き

もしあなたが自宅でフェイシャルサロンを開いたとしたら、

今の収入の倍は稼げて、時間も自由にコントロールできたら嬉しくないですか?

という記事を掲載します。

開業支援のぞうさんクラスの講座でお話している内容です。

エステサロン開業したいなら↓

Riseの短期開業支援スクール

お問合せフォーム

メールフォームが面倒な人はLINEでもOK

ラインお友達登録して

お気軽に相談ください。

現状のお悩み相談でもOKです!